アフィリエイト

インプレッションシェアの重要性について【知らないと損】

みなさんこんにちは、駆け出しアフィリエイター兼ブロガーのJunです。

この記事ではインプレッションシェアという指標について紹介します。

インプレッション数は聞き馴染みのある数字ですけど、意外とインプレッションシェアについては知らないという方も居るのではないでしょうか。ちなみにインプレッションシェアと対をなす言葉にインプレッション損失率というものも存在します。

この記事のターゲット

・アフィリエイトを始めてPPC(リスティング広告)に手を出しているけど、なんとなくインプレッション数を追っている人。
・アフィリエイトはしばらくやっているが、インプレッションシェアについては知らなかった人。

もちろん、こういった単語を知らなくても稼げる人は稼げますし結果は出ます。ですが、今後どういったところをメンテナンスしていくかということを考えた時に、インプレッションシェアを見ることで新しい角度からの改善方法が思いつくかもしれません。

逆に初心者の人はあまり意識せずに「こんな言葉もあるんだな」程度に頭の片隅に置いておくことをお勧めします。

インプレッション数とは?

まずは基本のインプレッション数についておさらいです。インプレッション数は検索エンジン上での検索によって、あなたの広告が実際にユーザーの画面に表示された回数を指します。インプレッション数が少ないと、クリックされる機会も減ってしまいます。アフィリエイト初心者の間は、クリック率も大切ですがまずインプレッション数を増やすことを目指しましょう。

インプレッションシェア(インプレッション損失率)とは?

こちらはユーザーの検索に対してあなたのページが画面上に表示された割合を意味します。例えばあなたが炊飯器をキーワードにしてリスティング広告を出稿しているとします。1日に1000人が「炊飯器」と検索されたとして、インプレッション数が200だったとすると、その時のインプレッションシェアは20%となります。

インプレッションシェア = あなたのインプレッション数/全体のインプレッション数

上記のパターンの場合、インプレッション損失率は20%の反対の80%になります。全体の検索のうち80%は機会損失していることになりますね。

では、このインプレッションシェアからどのようなことが分かるでしょうか。

潜在的インプレッション数が分かる

例えば下の2つの場合、コンバージョン率を上げるためにはどのような対策が必要でしょうか。

  • インプレッション数が10000/日、インプレッションシェアが10%の広告
  • インプレッション数が500000/日、インプレッションシェアが90%の広告

上の広告はインプレッションは10000回です。しかしインプレッションシェアが10%なので、まだまだ改善の余地がありますね。広告の入札額をあげたり、品質インデックスをあげたりして全体のインプレッション数をあげれば必然的にクリック数も上がっていく事でしょう。

一方下の広告のインプレッション数は50000回ですが、インプレッションシェアは90%。ほとんどのユーザーの検索であなたの広告が表示されていることになります。この案件に対して広告単価を上げてインプレッションを増やそうとしても無謀でしょう。そもそもの母数がそろそろ頭打ちになってしまうからです。

この場合、下の広告はインプレッション数よりもクリック率やコンバージョン率を上げることを考えた方が良いでしょう。インプレッションシェアを知らなければ、下の案件に対して無駄な予算を注ぎこむことになっていたかもしれません。

この記事のまとめ

アフィリエイターの努力で変わるものと変わらないものがあります。広告のクリック率やそこからのコンバージョン率は魅力的な文章を書いたりそもそもの企業努力で商品の質が良くなれば自然と上がっていくでしょう。しかし、そもそもの需要は一個人には制御することが出来ません。

そのマーケットにおける最大の人数というのは世間の流行とかそういったもっと別のところで変わっていきます。そこに対してアプローチをかけても無駄な努力に終わってしまいます。今自分が取り組むべきことはなにかを判断するためにも、インプレッションシェアを気にしてみてくださいね。